傘寿のお祝い会

2020年11月17日

毎年この季節を迎えると仕事のハイシーズンに突入します。2017年から大好きな秋の旅がストップしたままなのです。プライベートを楽しむためにもっと効率よくしなければと思いつつも次から次へと毎年問題・課題が発生し、今年はコロナ禍でイベント事態が初めてのことだらけになってしまい、あたふた仕事に追われています。

そんな中、先日わたくしが長年お仕事を共にしているボスが傘寿を迎え内輪でささやかなお祝い会を開きました。

テーブルには傘寿の色を基調にした秋の花をブーケにまとめました。まずはシャンパンで乾杯です。新潟からちょうど柿のもとの一番摘みが届きました。お浸しにして華やかな一皿に。お友だちのタカコさんがお赤飯を炊いてきてくださいました。台所をお借りするわね。と、だし巻き卵を手際よく次々と焼いてくれて熱々の出来たてが並びました。ミサコさんはお庭で採れた里いもの御煮しめを。サーモンのサラダ、赤身の柔らかな和牛いちぼ肉をガーリックステーキに焼いて手作りのホームパーティーでお祝いをしました。

傘寿を迎えても大きな仕事に取り組んで益々お忙しく走り続けています。出会ってたくさんのことを教えてもらった。その都度ノートに記しているけれど何か壁にぶつかったときいつも反復する言葉があります。「物事を考えるときに大切なことは、しがみつかない、抱え込まない、決めつけない」の3点セット。わたしの思考の原点になっています。