約束

2021年05月27日

昨夜の皆既月食は曇り空でよく観れませんでした。今日の東京は朝から雨が続いています。

5月のある日の出来事、少年と小さな約束を交わしました。午後夕ご飯の買い物に出かけたときのこと。商店街へ向かう途中、祥雲寺山門の隣にお花屋の花寅さんがあります。その日は店先に野菜の苗がたくさん並んでいました。ぜんぜん買うつもりはないのに、トマトやナスの苗を見ながら実った様子を想像したりあれこれ葉っぱや茎のカタチを見ていました。

そんな私の横にひとりの男の子が近寄ってきたのです。突然私に向かって「ボクはここで1円玉を拾いました。すみませんが交番へ届けてほしいです。」と拾ったとされる場所を指さしながら、男の子の小さな手のひらに1円玉がのっていました。たぶん小学校1.2年生くらいに見えました。

「お父さんかお母さんに届けてもらう方法もあるけれど、私が近くの交番のおまわりさんへ届けましょうか?」と聞くと「はい。そうしてほしい。」と返ってきました。

「あなたは拾ったことを勇気を出して教えてくれましたね。ありがとう。」と伝えて少年と別れました。こんな時大人は急いでいると対応できません。1円なんて、と思う人もいるでしょう。金額が多いから少ないからではなく、きっと彼は「正直」な態度で「勇気」を振り絞って私に伝えてくれたと思うのです。

買い物を終えた帰り、近くの交番へ1円玉をちゃんと届けました。おまわりさんもちょっときょとんとしていましたが・・・

少年と交わした小さな約束を果たして帰宅するときれいな虹が現れたのでした。