ゴールデンウィーク

2021年05月04日

今年のGWはお天気に恵まれました。この一年で近所の散歩コースのレパートリーがぐっと増えました。その中のひとつ「坂道コース」を今日も歩きました。

近所に高級輸入食料品を取り扱っているナショナル麻布スーパーがあります。このスーパーを過ぎると南部坂と言うかなり急勾配の坂になります。教会、ドイツ大使館、大使公邸が並んでいて道路に面している壁面にときどきパフォーマーが描きます。歩きながらの日常のアートです。左手に有栖川宮公園が隣接し坂を登り切ったところで立ち止って見下ろす景色が好きです。日暮れ時が特におすすめです。

今は港区の施設とケアハウスになっている場所に2009年までいかにも研究所らしい質素ながら凛とした建物「統計数理研究所」がありました。広大な敷地は樹々に囲まれゆったりした佇まいを今でも憶えています。この敷地の先端を右へ曲がると白いユニークな建物フィンランド大使館が見えてきます。更に右へ曲がると宇宙船のようなヨーロッパ・ハウスへ続きます。

ここまで来るとすれ違う人も少なくなります。この辺りは贅沢なくらい道幅が広くゆったり歩けます。ちょうどバラの花が綺麗に見頃を迎えていました。大きい濃い黄色の大輪の周囲に小さなバラの花が開く珍しい品種です。

ヨーロッパ・ハウスを過ぎた辺りが富士見坂です。その昔ここから富士山が望めたそうです。この辺りは大使館が多くそれぞれの大使館に掲げられた国旗が5月の爽やかな風に気持ちよく揺れていました。

アップダウンが楽しめる坂道コース「歩いてみてはじめて発見する」。25年も暮らすのに知らないことがまだまだたくさん。