KUCHIBUE

2020年10月17日

深まる秋に一気に寒くなってきました。今日は久しぶりに友人のmさんとランチ会でした。予約をしていた代官山の洋食 KUCHIBUEへ伺いました。店主は料理家の坂田阿希子さん。小さな頃から家族で通った洋食屋さんがあって、ドアを開けたとたんに香る洋食屋さんの匂いが今でも大好きで、小さなすてきなお店を営んでいます。

田舎で育った私も幼い頃ときどき家族でお出かけをする。そんな休みの日のイベントがありました。洋服も普段とは違うお出かけ着があってエナメルの靴を履いておしゃれをして新潟のデパートへ行くのです。楽しみが限られてた時代だけれど子どもながら豊かな時間だったと思います。

新潟は古町という地域があり、当時は一番華やかな繁華街でした。都屋さんという喫茶店があって、そしてキリンという洋食屋さんがありました。店のドアを開けるとデミグラソースの匂いがして、白いテーブルクロスに磨いた食器が置いてあって子ども心にお出かけの食事を感じたことでした。

今日はぐっと気温が下がりあつあつのグラタンが美味しかったこと。